写真家・蓮井元彦 撮影 吉岡里帆写真集 so long 7月20日(金) 発売のお知らせ

2014年6月に初撮影、7月に『週刊プレイボーイ』初掲載。まだデビュー間もない頃から追い続けてきた旬の女優・吉岡里帆が、芸能活動5周年・25歳を迎えた区切りの年に放つ記念碑的写真集です。
映画、ドラマの収録の合間を縫って、9日間にわたる長期ロケを敢行。オーストラリアのメルボルンから砂漠の町アリススプリングスまで。
1台のバスに乗って2600kmを駆け抜けたロードトリップを通じ、噓のない、「今の吉岡里帆」そのものに迫りました。

 

また7月20日(金)発売に先立ちまして、7月14日(土)売りの週刊プレイボーイ31号では吉岡里帆永久保存号として発売されます。

 

吉岡里帆写真集 so long
撮影:蓮井元彦
A4判変形・ソフトカバー 160ページ
2018年7月20日(金)発売
定価:本体2000円+消費税
Instagram:@riho_book

 

吉岡里帆 / Riho Yoshioka
1993年1月15日生まれ、京都府出身。『マンゴーと赤い車椅子』で映画デビュー。映画『明烏』などを経て、NHK連続テレビ小説『あさが来た』、
宮藤官九郎氏脚本ドラマ『ゆとりですがなにか』などへの出演で注目を集め、『メディカルチームレディ・ダ・ヴィンチの診断』『カルテット』など4期連続でドラマ出演を果たしブレイク。
『カルテット』の来杉有朱役で第7回コンフィデンスアワード・ドラマ賞新人賞、第92回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞を受賞。2017年にはTBS日曜劇場『ごめん、愛してる』で民放連ドラ初ヒロイン。
VOGUEJAPANWomenoftheYear2017を受賞。2018年1月クールでは『きみが心に棲みついた』で連ドラ初主演。2018年エランドール賞新人賞を受賞。
7月19日から放送開始予定のカンテレ・フジテレビ系ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』では主演を務める。
ほかにも主演映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(10月12日公開予定、アスミック・エース)、ヒロインとして出演予定の映画『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年公開予定、松竹)など多数の出演作の公開を控えている。
Instagram:@riho_yoshioka

 

お問い合わせ
集英社〒101-8050東京都千代田区一ツ橋2-5-10
広報部  伊㔟村一也
TEL:03-3230-6314FAX:03-3238-9240
週刊プレイボーイ編集部  石橋太朗
TEL:03-3230-6371FAX:03-3237-1008
MAIL:ishibashi@shueisha.co.jp