NEWS 2021.11

蓮井元彦 写真展「写真はこころ」開催のお知らせ (会期:2021年12月3日(金)〜12月19日(日) ※12/6,7,13,14はお休み)

蓮井 元彦
PRODUCTION
2021.11.29

タイトル:蓮井元彦 写真展「写真はこころ」
会期:2021年12月3日(金)〜12月19日(日) ※12/6,7,13,14はお休み
回廊時間:14:00〜20:00
会場:Printed Union
所在地:渋谷区神宮前6-32-7 近藤ビル1F
URL:http://www.printed-union.com/

写真はこころ

「お店の雰囲気が良いので写真を撮って良いですか?」と聞くと、「建築やっている方?」「写真です。」「いいわよ。」僕は何枚かの写真を撮った。福岡に仕事で行った時の事だ。駅から今風の繁華街を抜け、裏路地を散策していると曲がり角を曲がったところにいかにも昭和喫茶という感じの喫茶店があった。テーブル席が十五席くらいとカウンターが十席くらいの店で、サラリーマン風の客が五名ほどランチを食べている様子だった。僕は珈琲を注文した。

喫茶店のおばちゃんは数十年、女手ひとつで店を切り盛りしてきたそうだ。「取材とかも来るのよ。」と言いながら何冊かの雑誌を見せてくれた。「写真を撮られるのはあまり好きじゃない。だから大体は断っちゃうのだけどね。」と言った。古びた店内はどこか懐かしく、作りの良いテーブルや椅子が使い込まれていた。おばちゃんは店のことや街のこと、夫のことなどを話してくれた。僕は一通り店内の装飾や雰囲気を撮り終えると「今度はおばちゃんの写真を撮らせてください。」と頼んだ。照れ臭そうに「私はいいわよ。」と言って断ったが、何度かお願いをすると最終的にはお許しをいただけた。カウンターの前に立ってもらい撮り終えると、どことなく嬉しそうにしていた。

帰り際に「写真はカメラじゃない、こころよ。純粋なこころを忘れないで生きていってね。」と

言った。おばちゃんの目は強くて優しかった。いつまでも元気でいてほしいと思った。店を出て川を渡ると小さな公園があった。僕は立ちどまって、さっきの喫茶店のことを考えた。東京に帰ってもおばちゃんの言葉は僕の中に漂い続けた。そして、それはずっと消えてしまうことはないだろう。

VISIONARIUM THREE Numerological Bookstore 「書肆參伍 -shoshi sango-」開催のご案内

VISIONARIUM THREE
BRANDING + PR
2021.11.12

自由な発想で新しいライフスタイルを提案するビューティブランド、THREE(スリー)とFIVEISM × THREE(ファイブイズム バイ スリー)が共存する複合店として2020年7月にRAYARD MIYASHITA PARK(レイヤード ミヤシタパーク)内にオープン したVISIONARIUM THREE SHIBUYAでは、2021年11月17日(水)より12月27日(月)まで、THREE 2021年のホリデーコ レクションのテーマであるNumerology(数秘術)からインスピレーションを広げたブックイベント“VISIONARIUM THREE Numerological Bookstore「書肆參伍 -shoshi sango-」”を開催いたします。このイベントでは、THREEとFIVEISIM × THREEのブランド名の由来でもある数字や数式にまつわるストーリーやブランドのフィロソフィー、さらにはTHREEや FIVEISIM × THREEのインスピレーションの源を、さまざまなジャンルのアートブックや書籍によって可視化。文化を喫する 本屋“文喫”がブックディレクションを担当し、VISIONARIUM THREE SHBUYAのギャラリースペースに展示された様々な 本に触れつつ、実際に購入できる機会となっております。また、期間中はTHREE 、FIVEISM×THREEよりホリデーシーズンのギフトに最適な商品も展開。ぜひ、この機会にお立ち寄りください。

VISIONARIUM THREE Numerological Bookstore 「書肆參伍 -shoshi sango-」

期間 : 2021年11月17日(水) 〜 12月27日(月)
会場 : VISIONARIUM THREE SHIBUYA
住所 : 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-20-10 RAYARD MIYASHITA PARK North 2F
電話 : 03-6450-6135

選書コメント :
THREE、FIVEISM×THREEの世界観を空間に散りばめ、本によって可視化する
VISIONARIUM THREE Numerological Bookstore「書肆參伍 -shoshi sango-」。
このイベントの中心は「数秘術(Numerology)」というテーマです。
数。それは、人類の歴史と不可分な、力のある象徴的な記号です。
人類史を通して数には多くの意味が込められてきました。
数字、文字、記号は、そこにはないもの、見えないものを指し示します。
その性質が、見えない精神を象り、建築するための力の源泉となってきたのです。
人類の歴史とともにあった数というシンボルは、
多くの芸術家にインスピレーションを与えてきました。
創造的な営為の側に、シンボルとしての数はあり続けるでしょう。
世界は力のある記号によって変化していきます。
忘れられない物語、世界を変える思想、人々を突き動かす音楽、誰かの人生を変える一編の詩。
記号の集積からなるものが現実に作用し、世界を変えていく。魔法の呪文のように。

ブックディレクション : 有地 和毅、林 和泉(文喫 六本木)

写真 : TAKUYA NAGATA(W)
企画 : TAKESHI GONNOKAMI(W)

TDSNBXDXD presents art installation “seven” by Riku Hoshika 開催のお知らせ

星加 陸
2021.11.6

このたび & DICE & DICE supported by TOKYO DESIGN STUDIO New Balance(以下TDSNBXDXD)では、11月10日(水)から11月29日(月)までの期間中、グラフィックデザイナー星加 陸によるインスタレーションを開催します。TOKYO DESIGN STUDIO New Balanceのグラフィックを多数担当し、TDSNBXDXDのロゴ・グラフィックも手掛けた星加陸のインスタレーションは、ショップ名にもなっている”Dice”=サイコロとの関係の拡張を試みます。
ストアコンセプトからインスピレーションを広げたグラフィックは”Dice”が持つ質量の情報や表面的な意味からは拾うことのできない現象・機構を平面に落とし込み、見る事、触れる事、物質の存在に着目し肯定するインスタレーションです。是非お立ち寄りください。

TDSNBXDXD presents art installation “seven” by Riku Hoshika

会期:2021年11月10日(水)~11月29日(月)
会場:& DICE & DICE supported by TOKYO DESIGN STUDIO New Balance(TDSNBXDXD)
住所:福岡県福岡市中央区今泉2-1-43 DXD bldg 1F
営業時間:13:00 – 18:00
定休日:毎週火曜日

星加 陸 / Riku Hoshika
1997年生まれ、京都府出身。
京都市立銅駝美術工芸高等学校を卒業後、武蔵野美術大学に入学。同大学を中退。
グラフィックデザインを軸に分野を横断した作品を発表。

https://www.akihsoh.com
https://wtokyo.co.jp/artists/riku-hoshika/